冬の無い場所

(著)深夜狼 序 この小説は、私自身の経験に基づいたものであり、また私が実際体験したものとはまるで違う、別の世界線上の物語でもある。なぜ書いたかと云えば、どうしても、あの忘れがたい日々を、何かの、形のあるものにしたかったのだ。 我々はよく青春は美しいと云う。然し青春とは、何もかも…[READ MORE]